トランクルーム選びのポイント

投稿日:2019/08/13

トランクルームを大きく分けると、「屋内型」と「屋外型」にわかれます。これら二種類のトランクルームのどちらを利用したらよいかをこちらで説明しますね。

屋外型トランクルーム

屋外型トランクルームは、通常空地に大型のコンテナをベースに作られたトランクルームを配置し、お客様に利用していただくタイプです。弊社でも沖縄市などで同型のトランクルームを提供しております。

こちら「屋外型トランクルーム」の特徴は、室内に入る事なくトランクルーム内の荷物の取り出しが出来るという点です。このため場所にもよりますがトランクルームの扉の前まで車を付けて荷物の取り出し、運び込みが出来るというメリットがあります。また、大型の家具やバイク、水上バイクなど、屋内に入れる事が困難な物品の保管にも適しています。

屋内型トランクルーム

屋内型トランクルームの最大の利点は先ず、セキュリティーの高さが挙げられます。トランクルーム内に入るためには先ず施錠を解除して室内に入室する必要があります。そしてトランクルームの扉を開錠して開けます。このためセキュリティーが高い事が先ず利点の一つです。そして、室内のため空調を入れる事ができ、1年365日エアコンを運転させる事が可能です。この為つねに安定した湿度・温度の環境で荷物を保管できるため、カビの発生が低減され物品の劣化を防げるという利点があります。

どちらのトランクルームにも利点がありますので、保管されたい物品に合わせてお選びいただくと有意義に利用できると思いますよ!